segamania.org


アリサのPSU日記(ページ3)



(C)SEGA

ショップ検索で知り合ったお友達

2007年1月6日(土)午前1時
自キャラ:ヴァイス(リーダー)
パーティー:サイモン ラブレース

ショップをオープンしてよかったと思います。この日、僕の日記をいつも読んでくれている人が、僕のお店を検索してわざわざ僕に会いに来てくれたのです。この日は4・5回僕の店に来店したらしいです(何度来店しようあが、お店の足跡には1回分しか残らないのが残念)。ちょうど偶然僕が店に戻ったときに会うことができました。彼の名はサイモン。僕の日記をいつもひいきにしてくれて本当に感謝! うちの日記もお陰様で、この日アクセス数がやっと1000HIT達成しました。非BLOGにしては良い方かなと自負しています。

サイモンは、この日ハンゾウという武器を初めて購入したとのこと。名前からして日本刀っぽいのかなと思っていましたが、やはりそうでした。ただし基本的にソード系の武器なので、構え方はいつもの西洋風のままです。もうちょっと日本風の構えができれば雰囲気が出ると思いました。僕はまだB武器しか装備していないので何とも言えませんが、PSUの武器は僕が思った以上に芸が細かいかもしれません。



(C)SEGA

マーカーを押し忘れて生き地獄に

2007年1月5日(金)午後3時
自キャラ:アリサ・ランディール(リーダー)
パーティー:NEON、メ=シドキ

これぞ生き地獄に違いありません。私はいつもCランクで冒険していますが、今回は「エンドラムの残党」をBランクで挑戦してみました。まさかこれほどまで死闘になろうとは。何度HPが黄色くなったか。回復してもすぐに黄色になって、フォースの私も大忙し。一緒に冒険していたレンジャー系のNEONとメシドキもすっかりPPがなくなってしまいました。

やっとのことで、ブロック3についたので、私たちは補給のためシティに戻ろうとしたのですが、なんと最初のマーカーを押し忘れていたらしく、戻れなくなっていました。あと少し先に行けばチャージポイントもあることだし、ここは前進してみることにしたのですが、そこからが長かった。大量の虫が次から次へと出てきたのです。虫の攻撃をまともに浴びると、身体が麻痺しちゃって何もできなくなっちゃうんですよね。死んでシティに戻ってマーカーを押す案を思いついたので、わざと死んでみるもスケープドールで強制復活。死にたくても死ねず、戦おうにも麻痺してばかりで大苦戦。これぞ生き地獄。3人ともなかばヤケになっていましたよ。マーカーの押し忘れにだけは注意しましょう。



(C)SEGA

5時間で完売!

2007年1月4日(木)午後6時
自キャラ:ヴァイス

旅を終えて、マイルームに戻ってみると、商品がまた売れていました。儲けは少ないけど、何か売れていたら嬉しくなりますね。そう思っていたら、また1人可愛いお客さんが来店しました。彼女は素材を探していたらしく、ウチで売れ残っていた素材を全部買い占めてくれました。彼女も素材屋さんらしいです(てことは転売かな)。お客さんとトークも盛り上がり、パトカももらっちゃいました。まさかマイルームで他人と知り合えるなんて。これもショップ経営の楽しさのひとつですかね。

あぁ、今日1日で、5時間で商品約100個(強化武器、レア素材、季節ルームグッズ含む)完売ですよ。売上は8825メセタ。ショップオープン費用が15000メセタなので、だいぶ損してますね。手持ちで売れそうな商品はもう何もかも無くなっちゃいました。価格設定安すぎでした。バカな売り方をしたもんです。これからは相場を見て値段を考えます。

あと、陳列は大事ですよね。商品が何もないのって、これから来てくれるお客さんに非常に申し訳ないことですよ。売れすぎてもダメなんです。何か商品を陳列していなければ、ショップとしては繁盛しているようには見えません。お店経営も楽じゃないですね。これからは仕入れとか色々忙しくなりそうです。



(C)SEGA

100メセタを150メセタにすること

2007年1月4日(木)午後5時
自キャラ:ヴァイス(リーダー)
パーティー:キョウイ、Yuji_Isaka

お店をオープンしてから1時間後、キョウイが来店しました。キョウイとは以前ウチのアリサがご一緒したことがありました。そこで声をかけてみましたが、こうして僕らが再会できたのはまったくの偶然とのことです。キョウイはアリサのカードをソート順位1番にしてくれていたそうで、大変光栄です。キョウイは「トラップ」で商品検索してウチを見付けてくれたとのこと。うちはトラップは50メセタで販売していたので、早速購入してくれました。まいどありー。(ちなみにトラップはパシリの餌にするらしいです)

しばらくして、友達のゆうじもウチのお店の開店祝いに来てくれました。ゆうじもウチで商品買ってくれましたが、買った物は転売するとのこと。使ってもらいたくて売ってるのに転売かよ(笑)ま、売れた商品が何に使われようが僕には関係ないことで、これは気にするだけ野暮ってもんですな。

中古で100メセタで買った物を150メセタで売ること。これは商売精神の基本ですよホント。100億を150億にすることと本質は何も変わりませんからね。これが経営のだいご味ですよ。PSUではお店の家賃もいらないし、キャラクターにも生活費がかかりません。リスクがないから気づかないことだれど、実際にリアルでお店を経営するとなればそれくらいは必死になりますよ。

せっかくなので、キョウイ、ゆうじと3人で温泉に出かけることにしました。僕にとっては2ヶ月ぶりの温泉です。3人でチャットしながらまったり旅して、最後はひとっ風呂浴びて、疲れがとれました。温泉にもたまには来なくちゃね。



(C)SEGA

ショップ、オープンしました!

2007年1月4日(木)午後1時
自キャラ:ヴァイス

いよいよ僕もお店を開くことになりました。友達はみんなお店やってるのに、僕だけがまだやってなかったんですよ。今まで店をやらなかった理由は、経営していく自信がなかったから。そんなにいいものを持ってないし、アイテムの相場もわかっていないので、とてもやっていけないと思っていたのです。でも店を開かずして、PSUは語れないと思いまして、品薄でもいいからまずはやってみようと思いました。

お店をオープンしてみて、部屋を見回してみたら、ううむ、お店のデザインなんてどこも同じなんですね。そう思っていたら、いきなり最初のお客さんが! いったいどうやってウチのお店を見付けてきたのか・・・。お客さんはすぐに出て行きました。お互いに挨拶はなしです。お店のコミュニケーションなんてそんなもんでしょう。

商品はすべて自分で選べて、値段も自由につけられます。ノミの市みたいな感覚ですね。この値段設定が意外と楽しいです。僕は売れそうな商品を片っ端から並べることにしました。自分の貴重な装備品まではぎとってお店に投資しました。看板は「オープンしたばかり!ワンコイン価格でご奉仕します」。よく広告文に「何もありません」と書いている人いますが、何かはあるでしょうから、広告文にはもっと肯定的なことを書くべきじゃないかと思っています。

看板を立てたら、1分とたたないうちにお客さんが来て、早速商品がひとつ売れました。彼女も「いい買い物をありがとう」と感謝してくれましたが、「ちょっと安すぎじゃない?」とアドバイスを受けました。ま、趣味でやってるようなものですから。

その後もぞろぞろとお客さんが来ました。いったいどうなってるんでしょ。うちのマイルームもせわしくなったなあ。でも嬉しいですね。こんな僕の店にもちゃんとお客さんが来てくれるわけですから。足跡を見るのが楽しくなりそうですよ。この日記の読者の方々も、ぜひショップ「ヴァイス」を検索お願いします。僕がそばにいたら「日記を読んでる」とひと声かけてみてくださいね。



(C)SEGA

ついに水着買っちゃいました

2007年1月4日(木)午前3時
自キャラ:イーオン・フラックス(リーダー)
パーティー:月光、アルマ

たまにはイーオンにもオシャレをさせようと、初めて衣類にもお金をかけてみました。がんばった彼女へのご褒美です。私が買ったのは5000メセタの緑色の水着。生まれて初めての水着です。水着なんて必要ないものだと思っていましたが、買ってみると、思いのほか気に入っちゃいました。すごく素敵です。こういう着せ替え遊びもいいもんですね。キャラにさらに愛着がわきました。

これはもう水着を披露するためにオアシスに行くっきゃない。そう思いまして、まずはパルムで冒険者を集めたところ、フォースの月光が参加しました。月光はメインキャラがLV70という大ベテランです。モトゥブ移動後、友達のアルマが参加しました。アルマはオカマキャラです。本人もオカマキャラが意外と気に入っちゃったらしく、よく役になりきっていました。アルマも月光も4人キャラをもっていて、4人とも種族、タイプ分けてるそうです。私なんかマイキャラ3人全員がヒューマンですから。

やっとオアシスについて、いよいよ水着姿を初公開。なんだか恥ずかしいです。時々、はなから水着姿で砂漠とか旅してる人も見かけますが、こういうセクシーな勝負水着はここぞというときにだけ披露したいものですね。私はオアシスと温泉専用にしようと思っています。着替えの味をしめたので、これからも色々な衣装に期待。私のリクエストは南極探検風の防寒服かな(笑)



(C)SEGA

しつこいけど周回ではありません

2007年1月3日(水)午後5時
自キャラ:イーオン・フラックス(リーダー)
パーティー:ハイテク♪、バッツ・クラウザー、セト

2007年初冒険ということで、張り切ってミッション立ててみました。コメントは「周回じゃないですが乱入OK。モトゥブの大氷原とか、色々なところを一緒に旅しましょう!」。効率重視の人は入って来ないでしょうが、私と同じ気持ちの人はきっといるはず! そう信じてじっと待ちました。でも来週からレベル上限が80になるし、S2というSランクよりも難しいミッションも出てくるようなので、ますます効率重視のプレーヤーが増えてきそうで幾分か不安です。

20分後、やっと1人、ハイテクというメカが乱入してくれました。ハイテクいわく、いつも周りにいる人たちは周回ばかりで、別の場所に行きたくても一緒に行ってくれる人がいなくて、パルムから外に出たことがないとのこと! しばらくして、友達のバッツが乱入してきました。バッツも氷原はまだ行ってないそうなので、これはもうみんなで氷原に行くしかありません! 最後にセトちゃんがパーティーに加わりました。セトちゃんも周回は嫌いで、私のコメントを見てすぐさま飛びついたそうです。これでハンター2名、レンジャー2名。

フォースがいないので、かなり苦戦するんじゃないかと思ってましたが、驚くほどスムーズに氷原までたどり着きました。フォースなしでも案外行けるもんなんですね。目的地についたので、私たちはパートナーカードを交換し、ここでお開きとしました。周回と違って、ゴール地点が決まっていると締めやすいですね。しかしここも相変わらず人がいないですね。ソニチがインタビューで、いずれは転送装置を設置すると言っていたそうですが、氷原、滝などは簡単に行けないようにした方がいいと思います。ゆっくりと移動していく楽しさというものもあるからです。



(C)SEGA

廃人の境地

2007年1月3日(水)午後3時
自キャラ:イーオン・フラックス

時々、現実の世界よりも、PSUの世界がいいんじゃないかと思うことがあります。これってかなり危ないかも。もう廃人予備軍ですね。

だってさ、現実では仕事に出てるか家に引きこもってるかのどっちかですよ。でもPSUは世界も広いし、アクティブに行動できます。ナイアガラ並の観光地にも行けちゃうんだから最高ですよ。ミッションをクリアしてマイルームに戻ったときも、なんだかすごく落ち着くんですよね。最後に自分の部屋に戻ってから終わるところが好きです。

正直言って、PSUの方が友達が多いんですよ。現実ですごくいいことがあったとき、そのことを誰に話したかというと、PSUの友達が一番最初でしたもん。マイルームで友達と4時間もトークしちゃいました。私は彼の顔は知りませんが、よき話し相手です。現実の友達に4時間も長電話したら迷惑でしょうが、PSUならそれが許せちゃうんですね。PSUには彼のような友達がいっぱいいます。

時々、PSUの仲間たちに、実際に会ってみたいと思うこともあります。でも、北は北海道、南は沖縄までいろいろな人が遊んでるから、オフ会は地理的に無理でしょうね。会わない方がいいってこともある。チャットでは年齢に関係なく気軽に話せても、実際に会ってみたらこんなにうまくは話せないでしょうから・・・。



(C)SEGA

複合職よりも専門職

2007年1月3日(水)午後0時
自キャラ:アリサ・ランディール

PSUでは任意にタイプセレクト(いわゆる転職)ができるようになりました。恥ずかしながら、私は上位職に転職したことがありません。アリサはウォーテクターを狙っていて、ハンターからフォースに転職してコツコツやってきましたが、いざウォーテクターにタイプチェンジするときになって、ウォーテクターがソードを使えないことを知り、へこみました。ソードが使えないハンター系なんてハンターじゃないよー! ソード以外のハンター用武器(ツインセイバーとか)が使えなくなるのならわかるけど、最も基本形のソードだけ使えなくなるなんて変じゃない? ウォーテクターって、最初はかっこいいと思っていたのですが、なんだか中途半端ですね。

計画を変えて、アリサはいっそフォルテクターにしようと思いました。テクニックの良さを知ってしまうと、今更フォースをやめられませんよ。面倒見のいいキャラなので、彼女にはパーティーの回復役の方がお似合いでしょう。

私的には、複合職よりも専門職(特化職)の方に分があるように思います。複合職は、2つの特色を兼ね備えるのはお得かもしれませんが、2つとも中途半端なところがどうも私の性格にあいません。レンジャー系だと思っていたファイガンナーとプロトランザーがライフルを使えないと知ったときもショックでした。一番基本のライフルが使えなくなるのって変じゃない? これもゲームバランスを考えての配慮なんでしょうかね。ソードとライフルとロッドの3つがすべて使える職業さえあれば完璧なのですが・・・。

だったらやっぱり専門職でしょうね。専門職なら転職後も出費が少なくて済むし、その道の頂点を極められるかなと思っています。というわけで、アリサはロッド一筋フォルテクター、ヴァイスはソード一筋フォルテファイター、イーオンはライフル一筋フォルテガンナーを目指します。当分はこの3人だけでやっていきますよ。



(C)SEGA

A Happy New Year!

2007年1月3日(水)午前1時
自キャラ:アリサ・ランディール

2日遅れながらも、新年明けましておめでとうございます。初夢が何だったかはもう忘れてしまいましたけど、この日が2007年の初PSUとなりました。ログインしてみると、7通年賀メールが届いていました。普段メールのやりとりをほとんどしない人からも年賀メールもらっちゃって、嬉しかったです。

PSUをやっていて最も嬉しい瞬間のひとつが、ログインしたときに、メールが届いていたときですかね。ゲーム中にピコンとメールマークが出るのもすごく嬉しいですけど、私のいない間にもメールが届けられているのって素敵じゃないですか。私は自分から年賀状は書かない人ですが(返事はちゃんと書きますが)、やっぱりお手紙というものは、もらうと嬉しいものですね。

ロビーは、お正月気分に彩られていますが、音楽が正月っぽい和風の感じとは違っていて、クラシック音楽みたいな、王道RPG風の曲だったのが意外でした。いい曲ですよ。録音しときたいくらいです。それはそうと、あのせんすみたいな飾りに書かれているパルム文字、なんだか地球の英語という言葉に酷似(こくじ)してませんか? 「ファンタシースターII」のラスボスは地球人でしたが、グラール太陽系の文明もきっと地球伝来なんでしょうね。



(C)SEGA

友達ができるからPSUは飽きない

2006年12月31日(日)午前3時
自キャラ:ヴァイス
パーティー:ライセン(リーダー)、陸羽、大鉄人ドン・ドドン

今日は大晦日です。やるべきことが山積みです。それなのに、PSUなんかやっちゃいました。さすがに大晦日とあって、いつもつないでいる人たちがいなかったです。ならば新しい友達を作ろう!と、僕はライセンたちのパーティーに乱入してみました。ライセン、りくう、鉄人のドン、3人ともとても落ち着いていて、初対面同士でしたが、すぐに意気投合しました。ライセンは周回のつもりだったそうですが、僕は先に進むことを提案して、みんなで滝まで長旅にでかけました。本当に楽しかったです。彼らとはこのまま何時間でも続けていけそうな感じでした。ライセンたちも、久しぶりの遠出を楽しんでいたようです。新しい友達との出会いがあれば、PSUは飽きることはないと思った1日でした。

PSUにちょっと飽きてるという方。ドラゴン、聖地、ブルースばっかり回ってないで、たまには色々なところを旅してみませんか。せっかくあれだけのミッションがあるんだから、やらないともったいないですよ。

ちなみに、ヴァイスはレベルが31でストップしたままで、昨日まではチャットとパシリ育成専門のキャラと化していましたが、今日久しぶりに暴れてみて、とても面白かったです。今後は積極的にメインで育ててみたくなりました。最近はフォースとレンジャーばかりやっていたからハンターの良いところをすっかり忘れていましたが、やっぱり僕はハンターが一番向いているような気がします。敵をばったばったとなぎ倒すのは気持ちが良いですね!



(C)SEGA

上がり性

2006年12月28日(木)午後9時
自キャラ:ヴァイス

久しぶりにPSUやってみました。ん?飽きたわけじゃないですよ。今まで「龍が如く2」をプレイしていたので、PSUは休んでいたのです。復帰して思ったけど、PSUの何が楽しいのかって、やっぱりチャットですね。3Dのキャラクターが向かい合って吹き出しで会話をするのはやっぱり良いものですよ。

パルムの東地区に行ったら、昔何度か遊んだことがある友達が立っていたので、話しかけてみました。パートナーカードの優先順位を上位にしていた友達だったのに、向こうは僕のことは全然覚えていませんでした。過去3回も会ってるのに。ちょっとショック。僕の印象なんてそんなもんか・・・。

僕らはその後、東地区で2人で延々2時間半もだべってしまいました。一緒にパーティを組んでいたわけでもないので、お互いパブリックチャットで会話していたから、話の内容はすべて筒抜けです。いつしか僕らのまわりには多いときで20人くらいギャラリーが集まりました。大抵のギャラリーは何も喋らずに突っ立っていましたが、僕らの会話は聞いていたに違いないでしょうね。友達が女性キャラ、僕が男性キャラということで、誰かに「めおと漫才だ」と言われて、結構受けていたようです。主に僕がボケ(天然ですが)で、友達がツッコミ役です。友達の言葉はかなりきつめですが、そこがいい。

ギャラリーに囲まれて、なんだか僕は緊張してきちゃいましたよ。もともと僕は上がり性ですが、まさかPSUの世界でも人前で上がってしまうとは思っていませんでしたよ。このドキドキ感は、僕らの会話がみんなに受けているという興奮から来ているのでしょうか。それともネタを外すおそれから来ているのでしょうか。



(C)SEGA

展望台の違法ショップ

2006年12月3日(日)午前5時
自キャラ:アリサ・ランディール(リーダー)
パーティー:monchi、九条しのぶ

この日は、もんち、しのぶと3人でダルク・ファキス退治に行ってきました。ダルク・ファキスの先に展望台があるのですが、そこにアヤシイお店を発見! どうやら違法ショップのようで、クバラ品(メーカー製じゃないもの)の基板を大量に売っているようです。大して強そうな武器でもないのに、これがべらぼうに高いんです。しかも基板なので合成に失敗する可能性だってありますから、買う人なんているのでしょうか?

PSUって商品が高すぎる気がしますね。それもいいところでしょうが、新しく出たPAも高すぎてまだ私は何も試してないのに、今後も色々と高い商品が出てきそうで、いやはや困りました。もうルームグッズとか買う余裕がなくなっちゃうかも。今後は武器のためにお金を稼ぐことも考えないといけませんね。

そうなると、みんな資金集めのためにブルースミッションの方に流れていきそうな気がします。あれはおかしなくらい報酬が高いですからね。調整希望です。あそこばかりに人が集まると、他の地区が過疎化しちゃいそうで心配です。ミッションが増えていくのはいいのですが、人口は前のままなので、人が各地にばらけていって、ますます過疎化が進みそうな予感ですね。こうなったら、パーティー集め用の待ち受け部屋とか設けてもらった方がいいのかもしれません。



(C)SEGA

ツアーガイド係

2006年12月2日(土)午前1時
自キャラ:イーオン・フラックス(リーダー)
パーティー:バッツ・クラウザー、イルマ

初心者と一緒にプレイするのは大好きです。何も知らないから、ちょっとした先輩気分が味わえますからね。

ワールド1にいる私の友達は、熟練者も初心者も、案外と新ミッションを知らなかったりします。この日一緒に冒険したバッツとイルマは、周回パーティーで知り合った仲だからか、2人とも連日ドラゴンと聖地ばかりで、他のところにはあまり足を運んでいませんでした。そこを無理矢理に引っ張って色々なところに道案内するのが、今の私の役目になっています。これが結構楽しいです。さながらツアーガイド係の気分です。雪国に行ったり、展望台まで案内したり。

この日は2人を滝まで連れて行きました。時間はだいぶかかったけど、2人とも「来たかいがあった」と感動していましたよ。現実でもこんなに素敵な場所に行けたらいいなと思ってしまいますが、そんな気分にさせてくれるほど、ここは本当にいい眺めなんです。レベル上げや金稼ぎも悪くはないですが、いつも周回ばかりじゃつまらないです。たまにはこうして遠方に行くことも、楽しいドラマがあっていいものですよ。私が周回をやらない理由、これでわかってもらえたかな?

蛇足ですが、PS2では「たき」と入力しても「滝」と変換できないので、私は「タキ」と書くようにしています。ほんと、PS2だとチャットが大変です。



(C)SEGA

ダークファルス?

2006年12月1日(金)午後11時
自キャラ:イーオン・フラックス(リーダー)
パーティー:バッツ・クラウザー

以前私はワールド1で高額のルームグッズ「DFオブジェ」なる基板を買ったのですが、これを作るための素材がどこにもなくて、無用の長物と化していました。今週新規ミッションにいよいよDFが登場とあいなったので、素材もそろそろ出てきてもいいだろうと期待して、DFミッションはワールド1で体験することにしました。

DFといえば、ファンタファンならまっさきに「ダークファルス」というところでしょう。ファンタシリーズ旧5作すべてに共通している名前といえば、通貨の「メセタ」、モンスターの「カオスソーサラー」、大ボスの「ダークファルス」の3つくらいしかないでしょう。PSUは旧5作とは異なる太陽系が舞台なので、共通点も少ないかと思っていましたが、「メセタ」という通貨はPSUでも通用しています。「カオスソーサラー」は今のところ私は見ていません。

問題の「ダークファルス」ですが、それらしきものは出てくるのですが、名前が「ダルク・ファキス」になっているじゃないですか。姿形はまんま「ダークファルス」なんですけどね。でも、これも似て非なるものでしょうか。こいつが思いの外弱いんです。私も友達のバッツもレベルは高い方じゃないですが、ここのボスはレーザー砲みたいな攻撃だけ注意すれば、黙って立っていても勝てそうな気がしました。そう思ったのは、私がレンジャーだからなのかもしれません。でもストーリーモードの「ダルク・ファキス」も貧弱だったから、ハンターで戦っても大した敵ではないかと。これがあのファンタシリーズに出てきた恐るべき「ダークファルス」だとしたらがっかりですよ。これは「ダークファルス」のプロトタイプであって、今後本物の「ダークファルス」が出てくることを願うばかりです。でなきゃファンタシリーズの伝統が打ち砕かれてしまいますからね。

ちなみに、ルームグッズの素材はドロップしませんでした。残念。



(C)SEGA

自然の神秘

2006年11月30日(木)午後11時
自キャラ:ヴァイス(リーダー)
パーティー:九条しのぶ、AsaKust、TIRA

友達のしのぶ、AsaKust、TIRAと4人でモトゥブの新ミッションに挑戦しました。4人でも結構厳しかったです。もしや全員社会人だからでしょうか? いや、そんなわけはないと信じたい。でも、レベル30以上が2人もいるのに、Cランクで13回も戦闘不能になってるのだからひどいものでした。フォースのTIRAは戦闘中回復のためにあっちこっち行ったり来たりして、ご苦労さまです。

そんなわけで、ボスを倒した後に訪れたこの空間は、まさしく癒しの空間でした。砂漠の向こうに、このような小さなオアシスがあったなんて。ここは大地の溝のようなところでしょうか。日陰なので、涼しそうですね。水もとても冷たそうです。なるほど、ここで例の「水着」の出番になるわけですね。さっそくしのぶは岩陰で水着に着替えてセクシーポーズをとってくれました。

それにしても、隙間から差し込む日の光と、地層の壁の高さが感動的です。なんだか悠久(ゆうきゅう)の時を感じて、自分の悩みなどちっぽけに思えてきます。こういうところって、不思議と落ち着きますよね。



(C)SEGA

大自然の凱歌

2006年11月30日(木)午後9時
自キャラ:アリサ・ランディール
パーティー:雫刃(リーダー)

またまた新規ミッションが配信されました。ほぼ週一ペースじゃないですか。すごいですよね。この日、古い友達が久しぶりに復帰しておりましたが、おそらく彼は浦島太郎の気分だったのではないでしょうか。コロニー、パルム、ニューデイズ、モトゥブ、すべてに新ルートが登場したから驚きですが、いずれも遠方にあるため、4箇所すべて回ろうと思ったら5時間くらいかかりそうです。ソニックチームはなぜいきなりこんなに内容を強化したのでしょうか。おそらくこれは客を逃さないためじゃないのでしょうか。というのも、来週にはマイクロソフトのキラーソフト「ブルードラゴン」の発売が待っているからです。RPG好きの「PSU」ユーザーだから、客が「ブルードラゴン」に流れていくかもしれません。私が「PSO」をやっていたころは、みんなが「FFXI」に流れていったので寂しい思いをした記憶があります。「FFXI」の方が総合的に評判が良かったのでセガ派の私は正直悔しかったです。だから今回もソニックチームは必死になってアピールし、客を引き留めようとしているのでしょうね。

といいつつ、そんな私も来週は「龍が如く2」(これもセガゲーですが)を買う予定なので、しばらく「PSU」から離れることになるのですが、私はまた必ずやグラール太陽系に戻ってくると約束します。

さて、新規ミッションの感想ですが、やっぱり「PSU」の世界はとてつもなく広かった! そのひと言に尽きます。見てくださいこの絶景! 強敵双頭竜を倒した者だけが得られる至福の空間。青い空、白い雲、そして雄大な滝! まさに大自然。見下ろすとキラキラと眩しい海も見えますね。あまりにも大きくて画面に収まりきれません。スクリーンショットを撮るのが楽しくなる場所です。ほんと、マイナスイオン一杯で気持ちよさそう。ヤッホー! 友達のシズハともついつい長居してしまいました。いつまでも見飽きない景色です。

奥の方に行くと、洞窟らしき入り口が・・・。まだ入れませんが、いずれは入れるでしょう。今後も絶景を期待してます!



(C)SEGA

女戦士らしい服装を

2006年11月30日(木)午後6時
自キャラ:アリサ・ランディール

もう季節は冬なので、さすがにあのスポーティーな夏服じゃ合わないかなというのもあって、服をついに購入しました。実はパシリの餌にしちゃった最初の服をまた買い直しただけのことです。最近水着姿で戦っている人を多く見かけるようになって、なんだかイメージぶちこわしだなあと思っていたのですが、よくよく考えると、自分の露出した服装も彼女たちと同類になるのかなと思いまして、これはちゃんとした服を着せなきゃ恥ずかしいぞと、いよいよ買ってみた次第です。

PSU用の服は背が小さいロリ系のキャラに似合うように作られているので、アリサのように背の高い女性に似合う服はなかなかありません。でもこの服はなかなか似合ってるでしょ。SF映画に出てきそうな女戦士風の服装です。でもちょっと太って見えるのが難点かな。



(C)SEGA

誰もいない!

2006年11月30日(木)午後5時
自キャラ:アリサ・ランディール

この日は定期メンテ。予定では午後6時に終わることになっていたのですが、5時ごろにはログインできました。ユニバースは、5時半になってもご覧の通りまだガラアキ状態。私のパトカ一覧を見てもつないでいる人は一人もいなかったです。怖いくらいひとりぼっちだけど、世界を独り占めしてる気分で、ちょっとだけ優越感あったかも。

来月ユニバースが10も減るそうですね。このまま少しずつ減っていくのでしょうか。ちょっと寂しくもあります。というわけで、ご新規ユーザー大歓迎! PSUの火を絶やすべからず。



(C)SEGA

虫けらにはディーガ一発!

2006年11月29日(水)午前4時
自キャラ:アリサ・ランディール(ソロ)

PSUの敵キャラで、最も嫌いな敵は、虫かもしれません。なにしろすばしっこい。攻撃をしたところで、すぐに回避されてしまいます。後ろから攻撃すればダメージも与えられるのでしょうが、見た目ではどちらを向いているのかわかりづらい。もうこれは強敵ですよ。

この虫ケラにも弱点があったんですね。それはディーガ。こんなにディーガに弱いとは。ディーガ一発で3ケタのダメージを浴びせられます。隣ではハンターやレンジャーがいくら攻撃しても0ダメージばっかりなのに、フォースが攻撃すると一気に300〜400くらいダメージを与えちゃいます。自分だけが強くて気持ちがよくなってきますよ。テクニックは当たれば絶対に回避できないので、こういうすばしっこい敵にはもってこいです。

それにしても、この虫は、動きなど、映像表現がよくできていると思います。モンスターのデザインとしては、かなりお気に入りの部類です。



(C)SEGA

自分の好きなものを悪く言われるのは不愉快

2006年11月29日(水)午前3時
自キャラ:アリサ・ランディール(リーダー)

世の中にはたくさんのゲームメーカーがありますが、熱心な信者が多いのはセガだけですね。セガのゲームは面白いのになぜか一般人には認められません。そこがセガファンを熱くさせたのかもしれません。

セガは本当にゲームというゲームにこだわり続けているメーカーだと思います。アーケード(業務用)とコンシューマー(家庭用)の両部門に長けているし、アクション、RPG、スポーツなど、ジャンル問わず傑作を次々と放っています。また、常に未来を見据えていますね。昔は自社でゲーム機も作っていましたが、15年も前からすでに家庭用のネットワーク対戦ゲームをいくつか発表していたのですから凄いです。早すぎたゆえに理解されなかった不遇のメーカーなんです。

この前私が乱入したパーティーで、ある人がやたらとセガの悪口を言っていました。湯川元専務の気分です。だんだん私も我慢できなくなってきたので、ムキになって「そんなことはないよ!」と言い返してしまいました。悪口を言った人は相当なゲームオタクで、3DO等あらゆるハードを持っていたのですが、そんな彼が言うのだから、他社と比べてみたら本当にセガはダメなのかもしれません。でもセガは私にとって青春だったし、セガとの出会いが私の人生を変えたのだから、私はやっぱりセガが好きなんです。自分の好きなものを悪く言われれば誰だって不愉快になりますよね。これなら無言のパーティーの方がまだ我慢できます。

だいたいメンテが遅れたくらいで、ブログやら掲示板やらであんなに下品な言葉でののしらなくてもいいじゃないかと思います。セガファンゆえに苦言を呈しているのならそれも構いませんが、でもPSUを好きでやっているのなら、セガにもっと感謝の気持ちをあらわしてもいいんじゃないかとも思います。今日は独り言、失礼しました。



(C)SEGA

ハンター賛歌

2006年11月29日(水)午前1時
自キャラ:ドラクマ(ソロ)

ハンターはかっこいいですよね。いつも最前線で戦うところに惚れ惚れします。常に先頭に立つので、リーダーに最もふさわしいタイプじゃないでしょうか。どんな敵があらわれようとも腕っ節に任せてまずは猛突進。そんな豪快さがたまりません。

一番好きな武器はソード系かな。いわゆる長剣です。自分の身長ほどあるかと思われるその大きさが良い。女性キャラも子供キャラも長剣をぶんぶん振り回します。あのモーションがたまりません。一度長剣を振るとスキができてしまうのですが、あの重量感は格別のものがあります。敵を3・4匹まとめて成敗すると嬉しくなります。長剣はPPが無くなっても戦えるところが利点ですね。これこそハンターの特権じゃないでしょうか。

ハンターはテクニックが一切使えないところも野蛮で好きです。パーティーにフォースがいてくれたら安心して思い切ったプレイができますが、フォースがいないときは、結構ハラハラしますね。この緊張感が僕は好きだったりします。フォースがいようがいまいが、我が道を行くのがハンターです。

ボス戦ではみんなから頼られる存在になります。不利な戦いでは、まず最初に攻撃を浴びて戦闘不能になってしまうわけですが、死に方まで豪快ですよね。みんなを引っ張っていくはずの役なのに、いつもムーンアトマイザーで助けられて、ちょっと頑固でわがままなタイプなんです。



(C)SEGA

十人十色

2006年11月28日(火)午後4時
自キャラ:イーオン・フラックス

マナーが悪い人もいますよね。「PSO」では、外国人プレイヤーがよく放送禁止用語(文字化けする奴)を捨てゼリフにしてパーティーから抜けることがありましたが、あれはよくないです。自分が何か変なことでも言ったのかなと余計な被害妄想を抱いてしまいます。

この日私が乱入したパーティーは6人パーティーなのに、皆さん終始無言でした。私が何か喋っても誰も反応しません。誰かがレベルアップしても「しーん・・・」。ドラゴンを倒した後だけやっと「放棄」とセリフが出ました。無言って退屈ですね。相手は人間なんだから、コミュニケーションくらいとりたいものですね。

小学生が相手なら、まあ仕方ないかと開き直るしかないのですが、オンラインゲームでは全員が匿名なので、相手が何歳かなど、わかるはずもありません。ここは考えた方が負けなのかもしれません。

世の中には色々な人間がいるものです。PSUにも本当に変わった人がいますね。例えば「転送屋」。これは町から野営基地まで転送してくれる人です。私も一度お世話になりました。他にも「補助上げ部屋」なんてのもありますね。コントローラに連打機能をつけて、自分が外出している間もずっと補助テクだけ自動発動させておいて、テクレベルを上げるための部屋。正直、私はそこまでしてレベルを上げたいとは思わないです。彼らはそれが楽しくてやってるわけでしょうから、私も否定はしませんが、真似したいとも思いません。こつこつとレベルを上げていくことが私なりの自流です。まあ、人それぞれ、色々な遊び方があるってことですよ。



(C)SEGA

武器強化失敗しまくり

2006年11月28日(火)午後2時
自キャラ:イーオン・フラックス
フレンド:ウルマ

私は臆病な人間なので、武器強化はほとんどしていません。「確率は高いでしょう」と言われて失敗したこともあるので、ずっと遠慮してました。心を込めて合成した武器を、強化ごときで壊すわけにはいきませんからね。

レンジャーになってからというもの、他のメンバーの銃器の火力の強さが気になってきました。私は「スナイパー(7)」を愛用していましたが、ツワモノ揃いのワールド1ではこれぐらいの火力では鼻であしらわれるのが落ちです。この日一緒に旅した人は「ブラスター(10)」を使っていました。さすがに私の倍以上のダメージを与えていました。

最近は他人の武器をこっそりチェックしているのですが、だいたい皆さん5回強化は常識のようです。私は強化慣れしていないので、グラインダーの意味もいまいちわかっていませんでした。グラインダーはプラスの数値が高いほど成功する確率が上がるようです。

私もちょっと強化を自分でやってみようと、「スナイパー(7)」を使って挑戦してみたのですが、無知な私は「C+1」のグラインダーで強化してしまったため、あっけなく壊してしまいました。店員の忠告どおりやめておけばよかったのです。だいたい私も私で、最初はどうでもいい武器を練習台につかうべきでしたね。

その後、個人ショップを検索して、「ブライホウ(4)」を325メセタで入手しました。タダで買ったようなものなので強気で強化してみました。まず1回目の強化は成功。ここでやめればよかったのですが、調子にのってもうひと勝負したのが間違いでした。メーターが右にあがっていって、胸がドキドキ高鳴りました。強化ってこの瞬間がおっかないですよね。結果は失敗・・・。

所持していたライフルをすべて失い、落胆していたら、友達のウルマからちょうどメールが。「シューター(5)」が余ってるから私にタダでくれるとのこと! なんとラッキーな! ありがとうウルマ!

武器強化って、賭け事にも似てませんか? 欲張って勝負すると大損します。引き際が難しいですね。私は賭け事が苦手なので、強化も下手なようです。



(C)SEGA

それが言いたかったのね・・・

2006年11月27日(月)午前2時
自キャラ:イーオン・フラックス(リーダー)

この日もかなり中身の濃い冒険をさせてもらいました。なんと全員銃器を使ったパーティーです。最近レンジャーって流行ってるんですかね。全員フォースだとつまらないかもしれないけど、全員レンジャーというのはなかなか面白いですよ。

ドラゴンを退治した後、1人が抜けましたが、その後、明らかにレベルがかけはなれた人が乱入してきました。ウチのパーティーには場違いじゃないか?と思ったのですが、彼はこう言ったのです。

「今日『イーオン・フラックス』を借りに行ったけど、全部レンタル中だった。それだけがいいたかったんだ。じゃ、またね」

ただこれだけを言うのためにわざわざ乱入して、すぐさま消えていきました。私たちは彼の顔も見てません・・・。みんなは「なんだったんだろう」と言ってました。でも私の名前に反応してくれたわけだから、私としてはとても嬉しかったです。

後から知ったのですが、この日は映画『イーオン・フラックス』の発売日&レンタル開始日だったんですね。道理で。この様子だと、今日から私の名前を見てピンとくる人が増えてきそうな気がします。前にも書いたけど、私が好きなのは映画の方じゃなくてアニメの方ですからね。念のため。



(C)SEGA

萌え要素反対!

2006年11月26日(日)午後5時
自キャラ:ヴァイス(リーダー)
パーティー:Yuji_Isaka

友達のゆうじとチャットしてて思いましたけど、やっぱりファンタシリーズはSFっぽさが最高ですよね。この世界観がたまりません。ゆうじは初代ファンタのSFの世界観に畏怖の念さえ抱いていたほどだそうです。

PSOも本当にSF映画っぽかった。セイバーを振り回すときのブーンって音がまた「スター・ウォーズ」みたいで良かったし、ロード画面も「転移装置でワープしてるぞ」みたいな演出が好きでした。

PSUはPSOに比べると格段に世界が広がっていますね。町中にも人がいるし、町から始まる出会いもある。冒険の途中で野営基地があったりするのも見事な演出だと思うので、これをもっと応用すればさらにリアリティのある世界が作れるでしょう(たとえば野営基地にテントをはったりetc)。今後生まれてくるであろうファンタの続編に期待が膨らみました。

PSUで残念なのは、ものすごく萌え文化を意識しているところですね。とくに秘書ロボになるパシリ! 他にも女性キャラのセリフも萌えっぽいですね。もっと本格的なフィリップ・K・ディックのようなSFの世界にして欲しかったです。ゆうじと僕はお互いにアニメを見ないゲームオタクという点でも共通していました。だいたい昔のドット絵時代のゲームは、アニメとはまったく違う世界のものだったのに、いつしかゲームはアニメっぽくなって、ついに同類扱いになっちゃったんですよね。僕らはその傾向に反発しています。ゆうじも萌えに萎えるといってました。ぜひ次のファンタは実写風に様変わりして欲しいですね。ファンタ第一世代である僕らが、この年になっても熱く燃えるゲームを期待しています。


ページ5 ページ4 ←戻る 進む→ ページ2 ページ1