segamania.org

Topゲームレビュードリームキャスト > バーチャファイター3tb

人気格闘ゲームの第三弾。ドリームキャスト最初のヒット作!

バーチャファイター3tb

1998年11月27日発売 格闘ゲーム
開発グループ:AM2

今となっては格ゲーの王様。同作はドリームキャストと同日とあって幾分か地味(バーチャファイターシリーズがハードのこけらおとし的な役割になりつつある)。まだまだDCの性能のすべてを使い切っているとは言えないが、作りはひたすらにゲーマー向けである。だからゲーマーじゃない人はいまいちピンとこないかもしれないが、誰にもわからぬこの奥深さはマニアにはたまらない。一般的に言うとナムコの「ソウルキャリバー」の人気の影に葬られがちな気もしないでもないが、奥の深さと、飽きがこない点では「VF3」の方に軍配を上げたい。

ドリキャス版はチームバトル制。これがちょっといまいち。チームバトルにするよりは、ピンで戦った方がよっぽど面白いのに。「3」独特のシステムで、ボタンを押すと「避け」ができるようになった。また、階段や屋根の傾斜など、高低差を利用した戦いも「3」ならでは。続編にも少なからずそのノウハウは継承されている。

ちなみにセガ・ブランドで、もっと派手で易しめの格闘ゲームがしたいというのなら、割と子供向けに作られている「ファイティングバイパーズ2」(やはりAM2作品)もオススメしたい。

バーチャファイター3tb
(c)sega