segamania.org

TopゲームレビューWii > スーパーモンキーボール ウキウキパーティー大集合

まさにWiiのために生まれてきたかのような直感的な操作感覚

スーパーモンキーボール ウキウキパーティー大集合

2006年12月2日発売 アクションゲーム

 ゲーセンから、ゲームキューブ、DSと来て、任天堂向けセガソフトの定番となった観もあるタイトルだが、Wii向けに作られたこの一本は決定打ともいえるものだろう。なにしろWiiリモコンの特性を最大限に生かし切ったそのシステム!これぞまさにWiiのために生まれてきたかのようだ。

 ゲームシステムはいたって単純。Wiiリモコンの傾斜を利用して、ステージを傾けてボールを転がし、ゴールまで誘導するというもの。これと似たようなものが、お祭りの屋台で売ってあるおもちゃにあったが、こうして大まじめにゲームで再現されると、さすがセガとうならせる。そのボールの物理的な動作の再現が素晴らしいこと!ちょっとした傾斜でも玉は転がり、しだいに加速していく。そのボールの動きは、奇跡的ともいえるプログラミング技術のたまものである。セガというしっかりしたゲームメーカーだからして、こうして再現できたものである。もちろんWiiリモコンとの連動も完璧だ。

 これがイライラするかと思えばそうでもない。むしろ、「俺ってうまいんじゃないか?」「俺って手先起用かも」と悦に入らせるのが巧いヨイショゲームだ。ゴロゴロと猛スピードで転がってしまうと、もうどうにも止まらないわけだが、遠心力と傾斜角度のバランスを頭の中で感覚的に一瞬で整理し、そこを手先の絶妙のタッチで制したときの快感たるや、言葉では言い表せない陶酔感がある。制限時間があるから大慌てだが、ときどきすごい勢いでまぐれでクリアしてしまうこともあり、そういう嬉しいハプニングも含めて愉快痛快ゲームといえる。

 お猿のアイアイは、セガはソニックと並ぶマスコットキャラに仕立て上げたい目論見の様子。アレックスキッドを思わせる愛嬌があっていい。ミニゲームもダーツ、ボーリングなど、王道的で、しっかりやりこめるものが多く、「Wiiスポーツ」よりも充実した内容である。Wiiのソフトとしてはまず第一に買うべき1本といえる。