segamania.org

Topゲームレビュードリームキャスト > スペースチャンネル5

あのマイケル・ジャクソン(本物)が出演!

スペースチャンネル5

1999年12月16日発売 音楽ゲーム
開発グループ:ユナイテッド・ゲーム・アーティスツ

「アップ!ダウン!ライト!レフト!チュー!」と真似をして踊るディスコなゲーム。踊らされている人々たちを助け出せ。成功したらシチョーリツがどんどんアップ。目指せシチョーリツ100%!

妙にセガしてるゲームだ。ゲームの内容自体はくだらないが、とことんバカ一筋に盛り上がっているその姿勢に感動した。音ゲーとしては、新しいアイデアであるが、もっぱら記憶力を問うゲームとなっている。愉快な登場人物が群になって主人公の後ろでいっせいに踊るときの壮観は、往年のミュージカル並の興奮度。キャラクターをコレクションしていくだけでも楽しい。テーマ曲も50年代のダサダサSF風で、最高。しかし何といっても一番は、主人公リポーター、ウララの可愛らしさ。スタイルもダンスも抜群だが、性格がピュアで可愛かった。SFセットのプロダクション・デザインも秀逸。こんな世界観を創造しちまうセガはやっぱ偉大だ。なお、ゲームの中に登場するマイケル・ジャクソンは本物である。

スペースチャンネル5
(c)sega