segamania.org

Topゲームレビュードリームキャスト > ソニックアドベンチャー2

善と悪、両サイドの視点から描く人気シリーズ第2弾

ソニックアドベンチャー2

2001年6月23日発売 アクションゲーム
開発グループ:ソニックチーム

ソニック生誕10周年記念作品で、「ソニックアドベンチャー」の続編。「ソニアド」の良かったところは、5つのストーリーが交錯することだった。今回はヒーローサイドとダークサイドの2つの視点にわけ、同じ時間における両者の立場をそれぞれに描いた。

ソニック側は、ソニック、テイルス、ナックルズとおなじみのメンバー。ソニックは従来通りスピードアクションで、ナックルズはいわゆる宝探しゲーム。ただし、発明好きのテイルスは乗り物に乗ってのシューティング的な要素となった。対するダーク側はDr.エッグマン以外は初登場。ソニックの裏側といえるシャドウはその後の人気キャラとなる。コウモリのルージュはなかなかのキャラ。テーマ曲も、スーパーソニックはヘビーメタル、テイルスは女性ロック、ナックルズはラップ、シャドウはオルタナティヴ、Dr.エッグマンはロック、ルージュはジャズと、どれも見事でかっこいい。

難易度はやや高め。大人にはちょいとしんどいかも。崖っぷちのステージが多く、落ちないように気をつけてプレイすべし。地形の作り込みと仕掛けにはただただ感心。中でもとりわけ森のステージはフリーフォール並のゾクゾク感がある。俺個人的には、エッグマンやナックルズにもう少し爽快感が欲しかった。ヒーローとダーク、もっとまったく別のものにしてもよかった。いっそ使用キャラをソニックだけにしても良かったのでは?

ソニックアドベンチャー2 ソニックアドベンチャー2
(c)sega