segamania.org

Topゲームレビュードリームキャスト > シェンムー 一章 横須賀

ゲームの中にも世界がある。新ジャンルFREE第一弾

シェンムー 一章 横須賀

1999年12月29日発売 アドベンチャーゲーム
開発グループ:AM2
ネットワーク機能対応

FREE(Full Reactive Eyes Entertainment)という新ジャンルを構築した入魂の1作。製作費30億円という数字はギネス記録に載った。

シェンムー金をかけて作っただけある傑作。とにかくリアリティを重視した作品だ。少し時代は古くなるが、横須賀の下町をこれでもかというほどリアルに描写している。町中を歩いている人それぞれに生活感があり、目に見えるものは全て触ることができる。ガチャガチャでグッズを集めたり、ゲーセンで「スペースハリアー」にはまったり、楽しいことばかり。天気も移り変わり、効果音も完璧で、まさしくもうひとつの現実が体感できる。時を経るたびにこのゲームの凄さも認められていくだろう。クリア後、久しぶりにプレイしてみたら、その世界観には改めて驚かされる。まさにバーチャル・リアリティ。格闘アクションゲームとしても面白いが、QTEという新形式のゲームスタイルはとにかく熱い。「バーチャファイター」を作った鈴木裕ならではの作品。「スペハリ」ができるだけでも損はなし。

(c)sega