segamania.org


新時代の幕開けを告げるオトナのニューウェーブゲーム

Rez

2001年11月22日発売 シューティングゲーム
開発グループ:ユナイテッド・ゲーム・アーティスツ

三次元の仮想ビジュアル空間、プレイすることでリズムを刻むテクノサウンドと振動の工夫が、かつてない陶酔感を与えてくれるが、ある意味最も気持ちの良かったところは、今は亡き王道シューティング・ゲームの本質を再びよみがえらせたことではないか? 一直線に並んで決まった軌道を描いて編隊移動する敵キャラをまとめて狙撃することの気持ちいいことか。つい一匹残らず敵をやっつけようと熱くなる。純粋にスコアアタックを楽しむことに徹しているのも嬉しい。自機が1機しかなく、難易度設定もなくて、コンテニューもないというシビアさが、さらにゲーマー魂をあつくさせる。敵の数、弾の数が増えれば増えるほど白熱度もアップしていくのだ。ボス戦ではとにかくロックオンしまくりでまさしく熱い。子供の頃にハマった「ザクソン」「ゼビウス」「ギャラガ」「スペースハリアー」「グラディウス」「SDI」の感動がここによみがえる。

なおこの作品からセガはプレイステーション2に進出した。プレステ2にはネットワーク機能が標準装備されていないため、このゲームはネットワークに対応していないゲームとなった。僕的には、ドリキャス版はドリキャス版ならではのネットワーク機能でもつけて欲しかったのだが。なお、ドリキャス版はラインがソフトで、PS2版はシャープな感じになっている。

Rez Rez
(c)sega