segamania.org

Topゲームレビュープレイステーション2 > ファンタシースターユニバース

それまでのシリーズのビジョンをひとつに集約した大作RPG

ファンタシースターユニバース

2006年8月31日発売 ロールプレイングゲーム
開発グループ:ソニックチーム
ネットワーク機能対応

イーサン・ウェーバー俺はこの発売をどれだけ待ちわびたか。待望の「ファンタシースター」ストーリーの続編だ。「PSO」の発売もそりゃ興奮したけれど、あれはシリーズとは別に考えるべきものであった。今回セガが目指したものは、「千年紀の終わりに」に続く続編。やっぱりストーリーがなければ「ファンタ」じゃないと思った。でも「PSO」から「ファンタ」ファンになった人もいるわけで、それならば、ストーリーモードとネットワークモードの二つをドッキングして2本分のゲームをまとめて1本にして発売したらどうか?ということで、なんとも太っ腹の企画が実現することになった。これはもう発売日前から鼻血が出まくった。

で、開けてみると、「千年紀」の世界とはまったく異なる世界。あらたにビーストという新種生物も登場する。ちょっとシリーズらしくない作品になってしまったが、とはいえ、森・氷・砂漠の3つの惑星があって、ネコ耳キャラに恋し、仲間の一人が犠牲になるところなど、それまでのファンタファンをにやりとさせる演出は多く取り入れられている。ヒューイカインズ系のキャラも登場。最も注目すべきところは、シリーズで初めて声を発することだった。「PSO」でさえ誰もしゃべらなかったのに、今回はみんな喋る喋る。ストーリーモードはなかなかセガファン泣かせで、「ファンタ」と双璧を成すセガ純正RPG「エターナルアルカディア」の関智一氏のほか、セガがスポンサーだった「赤い光弾ジリオン」のキャストが顔を並べている。写実的な「FF」とは対照的にアニメ路線で攻めた「ファンタ」ならではだろう。テーマ曲もアニメ風だ。

ファンタシースターユニバース タイトル画面自作キャラまで喋りまくるが、俺は正直言うと自作キャラは喋って欲しくなかった。セリフのバリエーション、声の設定が乏しすぎるからだ。無口なフォース・キャラを作ったつもりでも、フォイエ使うたびに「これはどうでしょう」と勝手に喋られては役の芸域が減る。しょせん10代後半向けゲームというわけか。

「PSO」を初めてやったときのワクワク感は今も昨日のことのように覚えているが、オンラインゲームとしては「PSO」にやや引けを取った。「ユニバース」は発売当初どちらかというとストーリーモードに力を入れて宣伝していたため、ネットワークモードについては欠陥が多く指摘された。とはいえ「PSO」から5年の間にずいぶんとシステムは改善されている。前回は小さなロビー一部屋でしか出会いの場がなかったのに、今回は大きな4つの町の中で大勢の人が同時にコミュニケーションがとれるようになっており、その点は大きな進歩といえる。

「PSO」時代に培ったノウハウ、反省点がしっかりと考慮されており、その適度に保たれたゲームバランスは絶賛に値するものといってよい。ONとOFFを完全に区分けしたことで、OFFで作ったキャラをONで披露することが出来なくなったかわりに、それぞれのモードの特性が生かされるようになった。例えばONではお金も経験値も貯まりにくくなっているが、その分連携プレーが楽しくなっているのだ。パートナーカードも誰がネットワークにつないでいるのか一目瞭然でわかるようになり、カードにメモ書きもできるようになったので友達のことを覚えやすくなった。また、シンプルメールもサーバーに一時保存されるようになるなど、コミュニケーションツールは格段に良くなっている。さらに「PSU」では今後欠点が指摘されれば、システムファイルを書き換えることで随時改善ができるようになった。

マイルーム「PSO」は英語など各国の言葉が入り乱れての冒険だったのに今回は日本語のみになった。外国人がいた方が別世界に来たという感覚があって好きだったので、ちょっと残念でもある(XBOX360版は世界対応)。自作の顔もかなり細かく設定できるが、似たような顔が多いのも気になった。漫画チックなカットインはにぎやかでとても愛着があるが、バリエーションが少なく、「PSO」の創作性が高かった○△□のシンボルチャットが懐かしくもある。なんだかんだいっても、やはりオンラインで友達を作る楽しさは変わらない。クラブでみんなと踊ったり、リフォームしたマイルームに友達を招待したり、お店を経営できたり、なかなか芸は細かい。気の合う友達と長チャットするのもまた一興だ。

新システムとしては、合成が特筆に値する。鑑定形式の「PSO」とは違い、レア武器が完成品のまま落ちていることはない。レア武器は自分で合成してつくるものになった。合成には成功率があるため、レアアイテムの希少性は「PSO」以上のものになった。合成のたびにサーバーで処理するため、レアアイテムの増殖、チートなども防げるようになったであろう。また、レアアイテムを合成する際に使用する素材についても、誰が何を入手したのか逐一アナウンスするようになったため、アイテムの持ち逃げもなく、またアイテム分配がランダムに設定できるなど、パーティ同士で仲良くプレイできるように工夫されている。なお、武器には属性システムが取り入れられている。属性で武器の色が変わるところは「エターナルアルカディア」の応用であろう。

ファンタシースターユニバースストーリーモードもかなりボリュームがあり、久しぶりにハマった。1話完結で帯ドラ形式にストーリーが進んでいくところは「サクラ大戦」を思わせる。改めてファンタシリーズはコミカルアニメの部類に属するものだと再確認。ボル3兄弟が素敵。ファンタシリーズの顔役であるルツが今回も登場するが、ネコ耳・・・うぅむ。水上スクーターなど、イカした乗り物はまるで「スター・ウォーズ」ばり。思い切り王道のストーリー展開には好感が持てるが、不満があるのはプレイ中のNPCのセリフ。「和んじゃいますね」「可愛いからって油断するな」とはなんだ。あんな状況でよくそんなセリフがいえたものだ。第一、敵もそれほど可愛くない。「PSO」のときも思ったが、敵キャラのデザイン、もうちょっとなんとかできなかったものかねえ。やはり敵キャラのデザインは初代ファンタが一番だろう。ランディールタイラーなど、ファンタファンならピンとくるネーミングが多いが、それなのにダークファルスらしきボスの名前が違っていたのはナゼ?

このゲームには、ストーリーモードとネットワークモードの二つがあるだけでも太っ腹だが、さらにストーリーモードには続きが用意されていた!ネットワークモードの新要素として、 本編のその後の事件を描いたエピソード2シリーズが順次配信されていくのである。自ら創ったキャラクターがストーリーの主人公となってプレイできるのでまた感動が違う。もちろんエピソード2からの新キャラもある。帯ドラ形式の続きものになっているので、続きをプレイするのが楽しみでならなくなるだろう。今後も続々と新要素が配信されていくに違いない。これ1本で本当に長く遊べるゲームである。

大人気連載中のこちらもどうぞ→アリサのPSU日記