segamania.org

Topゲームレビュードリームキャスト > エターナルアルカディア

痛快スペクタクル!これぞ男たちの永遠のロマン!!

エターナルアルカディア

2000年10月5日発売 ロールプレイングゲーム
開発グループ:オーバーワークス
ネットワーク機能対応

エターナルアルカディア タイトル商号「セガ・エンタープライゼス」時代最後の傑作。ある意味盗作だらけだが、「いいとこどり」と割り切れば最高に楽しめる。謎解きを含むと50時間のボリュームになるストーリーには何も文句はなし。宝島、白鯨など、冒険映画、ロマン小説のエッセンスのすべてがギュッギュッとつまっており、その世界観を見ていてこれほど胸を躍らせることはない。中盤から出てくる本拠地は最高に素敵。パッと見、子供向けに見えるが、内容はいたって大人向けで、渋くてユーモラス。DC最高のRPGという謳い文句もまんざらじゃない。「グランディアII」とよく間違われるけど、世界に惚れ込むなら断然「エタアル」である。

これだけじゃ物足りない、もっと読みたいよという方は「エターナルアルカディア」にこだわれ!もどうぞ。たっぷり「エターナルアルカディア」について語っています。

エターナルアルカディア 画面写真
(c)sega