segamania.org

Topゲームレビュードリームキャスト > コンフィデンシャルミッション

もう気分はジェームズ・ボンド

コンフィデンシャルミッション

2001年6月14日発売 ガンシューティングゲーム
開発グループ:ヒットメーカー
ネットワーク機能対応

「バーチャコップ」の亜流作か。タイトルとジャケットから「いかにも」だけど、中身も文字通り「いかにも」なスパイ・ガン・アクション。その世界観はスパイ映画そのもので、映画ファンなら熱くなって当然。ガン・コントローラを持っていたら、誰しもスパイごっこしてる気分になって、かっこつけちゃいます。主人公が冗談の好きな中年のハンサム(ジェームズ・ボンドがモデルか?)、パートナーはいかしたブロンド美女で、2人のやりとりを見ているだけでも愉快痛快。早撃ちに慣れてくるともう最高に気持ちが良く、一般人の陰に隠れた敵を狙い撃ちするのが快感。ラスボスと戦っている様子は映画そのものだぞ。ガン・コントローラはまじで2つ買うだけのことはある。パートナーシップも要求されるので、デートにももってこいかも。幼心を忘れていない大人のためのゲーム。

コンフィデンシャルミッション
(c)sega