segamania.org

Topゲームレビュードリームキャスト > ブルースティンガー

SF映画バリ。ハリウッド発の洋ものセガゲー

ブルースティンガー

1999年3月25日発売 アクションアドベンチャーゲーム
開発グループ:クライマックス・グラフィックス

「バイオハザード」の出来損ないみたいな作品。しかし「バイオハザード」が当時擬似的な3Dで実質上2Dだったのに対し、こちらはこの時代からすでに3Dで同等の世界を構築している点がアッパレ。ただしサターン級にポリゴンが雑なので、3D酔いしやすい。

基本的に謎を少しずつ解いていく形のアドベンチャーゲーム。不気味な生物と同化した人間と戦うところはアクション技術が追求される。

製作にはなんとハリウッドが協力しているということだが、そこがむしろ映像を安っぽく感じさせる要因になったか。とにかくキャラクターのショボさと来たら・・・。主人公なんてジーパン姿で普通のお兄ちゃんである。もっとかっこい格好できなかったのか。相棒も腹がぽっこり出たただのおっさんだ。しかしこれが案外とハマる。B級のSF映画をじっくり見ている感覚で楽しめばよろしい。日本製か海外製かよくわらないが、アメリカ人向けに作られている感じがぷんぷん匂う。

ブルースティンガー
(c)sega