segamania.org

Topゲームレビュードリームキャスト > もっとプロ野球チームをつくろう!2001(つくあそ)

あの名作を廉価価格でゲット!

もっとプロ野球チームをつくろう!

2000年9月28日発売 シミュレーションゲーム
開発グループ:スマイルビット
ネットワーク機能対応
(廉価版2001年8月8日発売 プロ野球チームであそぼう!同梱)

2001年最新版の「やきゅつく」と「やきゅあそ」の2本が両方入って、お値段3800円というお買い得品。2本ともかなり出来はいいので、間違いなく買いだ。「やきゅつく」は「J.LEAGUEプロサッカークラブをつくろう!」とほとんど同じような内容だが、とっつきやすさでいえば「やきゅつく」が上。シミュレーションがニガテな人にも親切に作られている。ゲームのミソは選手でなく、監督でもなく、野球団のオーナーになること。自分が巨人軍の社長になるあたり、かなり感動はでかく、自分が育てているチームゆえにコンピュータ同士の試合のくせして妙に観戦も熱い。「やきゅあそ」は最初のバージョンに比べるとだいぶ感覚的に操作できるようになった。VMを見なければいけないという意見が多いが、見なくても充分にプレイが楽しめる。野球カードのコンテンツがなくなってしまったのは残念な気もするが、自分で育てた人材を操作してホームランを打つのは最高の気分。

もっとプロ野球チームをつくろう!
(c)sega